MENU

不足しがちなビタミンをまとめて補えるおすすめのローヤルゼリーを紹介!

身体にだるさが残る、元気や活力がわいてこない、肌が荒れるなど慢性的このような症状が現れている方が今もっと疑うべきと言われているのが「潜在性ビタミン欠乏症」です。

厚生労働省による国民栄養調査においてもこのリスクに関しては警告が出ています。

かつて多くの日本人が当たり前のように食べていた和食には理想的な栄養バランスが保たれ、豊富なビタミンが含まれていました。ですが、ファストフードや外食産業の発展など食の欧米化の影響により栄養バランスの崩壊、明らかにビタミン不足の傾向があらわれてきています。

このページでは、そんな現代人のビタミン不足を補う救世主「ローヤルゼリー」とビタミンの関係に迫っていきたいと思います。

外食が多い、好き嫌いが多い偏食家、食事制限によるダイエットをしている方には特に必見の内容です!

ビタミンの必要性|どんな効果や働きをしているの?

ビタミンの語源を調べてみるとラテン語で「ビタ(生命の意味)」+アミン(成分名)が合わさりビタミンになっています。名前の通りにビタミンには、人間が生きていくために欠かすことのできない成分の1つです。

身体の機能を正常に保つためには、細胞が活性化し絶えず生まれ変わることがとても重要になります。

3大栄養素と呼ばれる脂質やタンパク質、糖質をエネルギーに変換することで細胞の活性化を行います。この重要な役割を担っているのが、13種類に分けられるビタミンです。

潜在性ビタミン不足で疲労が抜けない、身体にだるさを感じるのはこのエネルギーが不足することが原因です。細胞の活性化が止まった身体は錆つき、急激に老いをすすめるリスクもはらんでいます。

美しくなるために行っているはずの食事制限ダイエットでビタミン不足となり老化を加速させているのでは、まったくもって本末転倒になってしまいます。

どうしても食べれないものがある、外食しかできない場合はローヤルゼリーなどの補助食品を活用してビタミンを補うようにしてください!

ローヤルゼリーにはビタミンB群が豊富に含まれている!

全部で13種類あるビタミンの中でローヤルゼリーに含まれるビタミンは10種類。その中でもビタミンB群が非常に豊富に含まれているのがローヤルゼリーの特徴の1つです。

ビタミンB群は、ビタミンB複合体とも呼ばれ全部で8種類のビタミンの総称としてこの名前でグルーピングされています。
●ビタミンB群にまとめられるビタミン
・ビタミンB1
・ビタミンB2
・ナイアシン
・パントテン酸
・ビタミンB6
・ビタミンB12
・葉酸
・ビオチン
すでに知っている方も多いと思いますが、実は、ビタミンB群はそれぞれ単独摂取するよりも、各ビタミンをまとめて摂取することで相乗効果を得ることができます。
ビタミンB群は水に溶けやすい特徴を持っているため、尿や便に混ざり身体の外に排出されやすい成分です。そのため、食事である程度補っているつもりでも身体にとっての必要量を満たせていないことも少なくありません。

高品質なローヤルゼリーは、非常に充実したビタミンB群を含んでいますので、不足がちなビタミンサポート食品としてピッタリの健康食品と言えます。

特に以下のような方には、ローヤルゼリーによるビタミンサポートがおすすめです。
  • 免疫力・抵抗力を維持、高めたい方
  • 更年期障害を改善したい方
  • 肝機能を改善したい方
  • 美肌を目指す方
  • コレステロール値が気になる方
  • 血圧が気になる方
是非一度お試し頂きたいと思います。

ビタミンB群はどんな働きをしているの?

ビタミンB群としてまとめられている8種類のビタミンですが、その1つ1つにしっかりと大切な役割があります。
◆ビタミンB1

脳のエネルギー源であるブドウ糖をエネルギーに変換する大切なビタミンです。しかし、日本人にもっとも不足しているのがこのビタミンB1だと言われています。
不足すると、疲労・倦怠感・手足のむくみ、脚気(かっけ)のリスクが高まります。
ビタミンB2

脂質の代謝を円滑にし、口内炎の予防・美肌に効果的です。エネルギの産生に深く関わり、体力を多く使う子供や肉体労働者が多く補いたいビタミンです。
不足すると、成長が止まることもありますので成長期の子供や妊婦さんは不足に注意。
ビタミンB6

タンパク質の生成、分解、再合成を行う役割を持ち、脳の神経伝達物質の生成に関与しています。
不足することで、鬱や不眠症さらに動脈硬化のリスクが高まります。
ビタミンB12

葉酸とともに遺伝子を構成する素となる核酸の合成に関わっています。脊髄で赤血球を作る働きを助けるため「造血のビタミン」とも呼ばれています。
不足すると、不妊症や動脈硬化、心筋梗塞、悪性貧血のリスクを高めます。
ビオチン

糖のエネルギー代謝、脂肪酸やアミノ酸代謝、核酸の生成にまで関わる補酵素です。さらに髪や皮膚を形成するためにも必要なビタミンです。
不足すると、抜け毛や白髪の原因になり、湿疹の原因にも繋がります。
葉酸

消化器系(胃・腸)の粘膜を守り、DNAの合成、細胞分裂に深く関わるため胎児の成長に必要不可欠なビタミンです。特に妊娠中は、厚生労働省がリスクの注意喚起を行うほど重要なビタミンです。
不足すると、口内炎や舌炎、胃・十二指腸潰瘍などの粘膜症状、また赤血球の生成にも関与しているため貧血のリスクも高まります。
パントテン酸

生体のホメオスタシスにおけるあらゆる代謝をサポートする役割を担っています。糖質や脂質が燃焼する際に働く補酵素(CoA)の主成分で脂質やタンパク質の代謝、様々なホルモンの働きにも関与しています。
ナイアシン

糖質や脂質、タンパク質の代謝に関わっています。疲労回復や食欲増進効果、アルコールを分解する補酵素の働きもあるため二日酔いの予防にも効果的です。

幅広い種類のまとめて補うことのできるローヤルゼリーはこちら

幅広いビタミンをまとめて補いたい場合は、やわたより発売のローヤルゼリー粒ゴールドがおすすめです。

ローヤルゼリーにもともと含まれているビタミンB群に加えて、脂溶性ビタミンであるビタミンA、ビタミンE、ビタミンKとほぼすべてのビタミンが配合されています。

ビタミンAを摂ることでガンの予防をすることもできますし、子供に飲ませることで成長障害のリスクを軽減することもできます。

ビタミンEには、抗酸化作用があり老化対策に、また血行を促進してくれるため冷えの予防に繋がったり、生理痛を緩和する効果も期待することができます。

ビタミンKは、骨の形成をサポートする働きがあり骨粗鬆症の予防効果があります。

ローヤルゼリー粒ゴールドに加えて、ビタミンDが豊富に含まれる「きくらげ」や「しらす干し」を意識して食べればビタミン不足の心配はなくなります。

特に成長期の子供にとってビタミンは必要不可欠です。

効果的にローヤルゼリーを活用して不足しがちなビタミンをカバーしてあげてください。

ビタミンB群の補給にローヤルゼリーは大活躍!

ローヤルゼリーには、ビタミンB群以外にもビタミンCやイノシトールなど他のビタミンまで網羅的に配合している商品もあります。

他にもアミノ酸、ミネラル、ローヤルゼリーの特有成分などの豊富な栄養素を含むリーヤルゼリーは、不足しがちな栄養素を幅広くカバーする健康食品として最適な活躍をしてくれます。

栄養バランスが不足しがちな方にとっては一石二鳥どころでは収まらないほど多くのメリットを得ることができますので、興味がある方は是非一度ご活用ください!