MENU

ローヤルゼリーを活用して集中力アップ!脳の活性を高める成分!

勉強や仕事を集中して作業に取り組みたいのに気が散ってはかどらない。取り組むことができても集中力が続かず、作業が捗らないなんてこともよくありますよね。

医学的に集中力を持続させる限界は90分程度と言われており、40分を超えると思考力が低下しどんどん集中力が低下してしまいます。

受験やテスト前の学生さんや仕事で重要な案件を抱えた社会人、大切な試合に望むアスリートなど高い集中力を必要とするシーンは多くあります。

実は、ローヤルゼリーは集中力を高める点において大きな強みを持っていることをご存知でしょうか?

このページでは、知られざるローヤルゼリーと集中力の関係性に密着してみました!子供の受験をサポートしてあげたい、明日の大切なプレゼンで高いポテンシャルを発揮したい、そんな方に必見の内容です!

そもそも集中力を高めるとは?

集中力を高めたいとは言うものの、身体のどこのどの機能に対して働きかけをするべきかが曖昧な方も多いと思います。

集中力が高い状態に関して調べてみると以下の3つの要素が鍵であることが分かりました。
◆集中力が高い状態とは?
・要素1:脳に栄養が行き届いている
・要素2:脳に疲労物質が溜まっていない
・要素3:脳が活発に働いている
さらに言い換えると、脳が活発に働いている状態とは脳の伝達物質がスムーズに伝達している状態を指します。

集中力の正体

集中力を高めるために大切なことは、神経伝達物質のいかにスムーズに伝達するかが鍵になります。

そして神経伝達物質には「興奮性」と「抑制性」の2種類の性質を含んでおり、どちらが優位になるかによって私達のやる気は作られています。

興奮性の性質を多く含めば集中した状態となり、抑制性を多く含めば作業に対する飽きに繋がり集中力が低下していきます。

つまり、集中力を高めるためには、興奮性の伝達物質の働きをサポートし抑制性の伝達物質の働きを抑えていくことが重要になります。

ローヤルゼリーに含まれる集中力アップを支える成分とは?

ローヤルゼリーには、集中力を高めるための素晴らしい成分が豊富に含まれています。集中力アップがローヤルゼリーの得意分野と言われているのはこのためです。

もちろん商品によって成分内容は異なりますが、ここでは当サイトのローヤルゼリーキングの成分表から集中力アップに有効と言われている成分をピックアップしてみました!

集中力を高める成分

この中でも特にチロシン・アルギニン・グルタミン酸の3つは、脳の働きを活性化させることからブレーンアミノ酸と呼ばれるほど脳の働きと関係しています。
前述の興奮性伝達物質のエネルギーとなり、脳の興奮させるための原料になる成分です。

さらにローヤルゼリーに非常に多く含まれているコリンは、脳の伝達物質をスムーズにするアセチルコリンの素になる必須栄養素です。アセチルコリンは、脳の認知機能と密接な関係を持っておりアルツハイマー病との繋がりも確認されています。
コリンの吸収力を引き上げるビタミンB12もローヤルゼリーには含まれていますので、効率的にアセチルコリンの生成を補助することができます。

このようにローヤルゼリーには、集中力を高めるためにうってつけの材料が勢揃いした素晴らしい健康食品です。

ローヤルゼリーで効率良く脳を活性化!

仕事や勉強、スポーツに今ひとつ集中しきれない、集中力が持続しない方は是非一度ローヤルゼリーをお試しください。

もしもそれでも足りない場合はレシチンを豊富に含むチョコレ−ト、そしてローヤルゼリーと同じ蜜蜂の恵みであるハチミツを食べてみてください。脳の唯一の栄養であるブドウ糖が疲れた脳を回復します。

効率的に脳を活性化することでまだ見ぬ自分に出会うことも夢ではないと思います!是非、一度お試しください!