MENU

むくみの原因は?何で女性はむくみやすいの?

身体の一部に水分や老廃物が排出されずに溜まってしまう「むくみ」。

特に下半身の脚は重力の関係でむくみやすいパーツといえますが、身体がむくんでしまう原因は、冷え、運動不足やストレスなどによる血行不良、心臓、肝臓、腎臓の機能の低下、長時間立ちっぱなしや座りっぱなしなど同じ姿勢でいること、筋力低下、水分や塩分の摂取過剰などが考えられます。

女性は男性に比べて筋肉量が少ないので、どうしても血液やリンパ液などの老廃物を押し戻すポンプの力が弱まる傾向があることから、冷え、むくみなどを引き起こしやすいと言えます。また更年期障害や閉経といった女性ホルモンの減少の影響を受けて、自律神経の不調などから冷え、血行不良、むくみも起こりやすくなります。

またストレスを受け続けることで自律神経が影響を受け、ホルモンバランスが乱れることによって身体にも様々な影響が出てきます。ストレスのために血管が収縮し、血行不良となってむくみに繋がることもあります。ストレスは万病の元と言われる所以です。

水分や老廃物をそのまま溜め込んでいる状態がむくみなので、そのままにしておくとその周りに脂肪も溜まってしまい、むくみを慢性化し悪化させるだけでなく、見た目にも影響を与えてしまいます。むくみは早期に改善することで慢性化を避けたいものです

むくみに効果的な成分とは?

むくみに効く成分とは、血行不良やホルモン分泌を改善する働きのある成分などです。ナトリウムの浸透圧を調整して余分な水分を排出する働きのあるカリウム、静脈やリンパの滞りを改善し流れを良くするメリロート、体の水分代謝を高めてくれるビタミンB群、利尿作用のあるシトルリン、代謝機能を活性化する働きのあるタンパク質、肝機能を改善するアミノ酸の一種であるオルニチンなどがあります。

その他、水分の代謝を促進するビタミンB1、血行促進のビタミンE、水分量のバランスを調整するミネラル、疲労物質を流出して代謝を改善するクエン酸などもむくみに効果的に働きかけます。これらの栄養素はほとんどがローヤルゼリーに含まれているというから驚きです。

ローヤルゼリーにはむくみを改善する成分がいっぱい!

ローヤルゼリーに含まれる豊富な栄養素や成分のうち、むくみに効くアミノ酸やミネラルなどがいくつも含まれています。代表的な成分はデセン酸、アセチルコリン、パントテン酸、類パロチンと呼ばれる成分です。

デセン酸は女性ホルモンのエストロゲンと似た働きを持ち、ホルモンを司る間脳に働きかけ、正常な働きを取り戻す作用があります。そのためホルモンバランスやストレスなどから乱れた自律神経系を正常にし、血行不良を改善する働きがあることがわかっています。

アセチルコリンという神経伝達物質もローヤルゼリーに含まれており、デセン酸と共に自律神経のバランスを整える働きがあり、冷えを改善してくれます。

またパントテン酸は、血管の内側の壁にこびりついたコレステロールなどを払拭する働きがあり、腎臓からナトリウムの排泄が促されます。そして血圧を適正に近づける作用で高血圧低血圧を改善、血流を良くして冷えの改善に効果があります。

類パロチンは若返りの成分とも言われ、赤ちゃんのよだれなどの唾液に多く含まれる成分ですが、新陳代謝を高めて血液の流れをスムーズにして、冷えからくるむくみを改善します。血管を若くしなやかに保つことで、血流が改善されてむくみの改善にも効果的に働きかけます。

女性に嬉しい成分がたくさん詰まったローヤルゼリーは自然からの贈り物、健康と美容の心強いサポート役なのです。