MENU

ローヤルゼリーと骨粗鬆症の関係とは?

女性にとって無関心では居られない骨粗鬆症。特に更年期の女性は閉経後に劇的に変わる女性ホルモンの影響で、体内で骨が形成されにくくなる上に骨のカルシウムが急激に減少することで、骨がもろくなり骨折しやすくなります。骨折しやすくなるとちょっとしたことで長期間の療養生活を強いられ、その結果寝たきりになってしまう原因ともなっています。

年齢を重ねても更に健康にいきいきと過ごしたい。骨密度を上げて骨粗鬆症を予防、改善して健康な身体作りをすることが重要になってきます。

骨を形成するためにはカルシウムやマグネシウムといった栄養素が欠かせません。そのため若い頃から骨量を減らさない生活習慣を続けることが将来の骨粗鬆症にならないために大切です。骨量を減らさない生活習慣とはホルモンのバランスを整えることに繋がります。女性ホルモンは骨の中にカルシウムを蓄える働きをしていますが、閉経、そして無理なダイエットなどで栄養が偏ると女性ホルモンが減少し骨からカルシウムがどんどん減ってしまい、スカスカになってしまうのです。そこで減少した女性ホルモンを補う必要があるというわけです。

女王蜂の食べ物であるロイヤルゼリーには、この女性ホルモンを始めとするホルモンの分泌を正常に保つ作用があることから、骨粗鬆症に効果があるとされています。

骨粗鬆症の原因とは?

多くの女性を悩ませる骨粗鬆症はなぜ起きるのでしょうか?

更年期を迎えると閉経を始め体内ではさまざまな変化が起きます。人間の体はホルモンの働きによって正常な活動ができるようになっていますが、老化、ストレス、アンバランスな食事、睡眠不足、運動不足などによってホルモン分泌を司る副腎が影響を受け、うまく機能することができなくなると女性ホルモン分泌量も大幅に減少してしまいます。

女性ホルモンの一種エストロゲンは、骨からカルシウムが溶けだすのを抑制する働きがあります。女性では閉経後に女性ホルモンのエストロゲンが減ることによって、骨吸収のスピードが促進され、骨形成が追いつけなくなっていきます。このように骨の生産量が鈍化し消費量に追いつかなくなると、骨密度が減少してすかすかになってしまうのです。ちょっとしたことで骨折しやすいもろい骨になってしまう病気が骨粗鬆症です。

高血圧、糖尿病、動脈硬化などの生活習慣病も血中のホルモンに影響を与え、その結果骨粗鬆症の原因となります。

その他にもダイエットなどで栄養が不足することでも同様に骨がもろくなります。骨の形成には特にカルシウムとマグネシウム、そしてビタミンD、その他ビタミン・ミネラルが必要なのでバランスの取れた食事、骨に適度な負荷のかかる運動の習慣が骨粗鬆症の予防になるのです。

ローヤルゼリーには骨密度の減少を抑える成分が充実!

ローヤルゼリーはなぜ骨粗鬆症に効くのでしょうか?

ローヤルゼリーにはリジン、メチオニン、スレオニンなどのアミノ酸を含むロイヤリシン、ロイヤラクチン、アピシンなどの粗タンパク質、デセン酸と呼ばれるローヤルゼリーにしか見られない脂肪酸、ビタミン、ミネラルが豊富に含まれています。特にデセン酸は自律神経に働きかけてストレス緩和に役立つ働きをする成分で、自然界ではロイヤルゼリーにしか見られない貴重な成分です。

そしてローヤルゼリーに含まれる類パロチンという成分は体内に吸収されると女性ホルモンと同じ働きをします。

ラットを使った実験の結果、卵巣を摘出して女性ホルモンを分泌できないラットに乾燥ローヤルゼリー、又は酵素分解ローヤルゼリーを与えて観察した所、骨密度の減少が抑制されました。また、ロイヤルゼリーはカルシウムの小腸での消化吸収を助ける働きがあり、骨粗鬆症の予防に効果があることが報告されています。

ロイヤルゼリーのこれらの成分が相互に働いてホルモンの分泌を正常に促し、骨の新陳代謝を助け、骨密度の減少を抑える作用があるため、骨粗鬆症の予防、改善に役立ちます。